魔法使いの弟子

いつか私もあなたみたいに

MacのAutomaterとかいう奴に触れてみる。

題名の通りである。

とりあえずAutomater.appを起動してみる。

f:id:aoba17:20190604022604p:plain

うーん、とりあえず新規書類を選択。 すると。。。

f:id:aoba17:20190604022711p:plain

うーん。。。 なにから始めてよいのやらって感じだ。

今回は、フォルダアクションっていうのを選んでみる。 これは、指定したフォルダに入ったファイルに対して、 定義したアクションを実行できるというものらしい。

アクションの説明をみながらとりあえず以下のようなフローを作ってみた。

f:id:aoba17:20190605021455p:plain

resizedというフォルダに画像ファイルが置かれた時にその画像を自動的にリサイズするというものだ。 このフォルダアクションを保存して、対象のフォルダに画像をコピーしてみたところうまくいった。

今回はアクションを2つ使って画像のリサイズが実現できたが、 それ以外にもたくさんのアクションが用意されているのでより複雑な処理も自動化できそうだ。

特に、"Apple Script を実行"や"シェルスクリプトを実行"あたりはかなり使えそうだ。 今回はフォルダアクションを選んだが、クイックアクションを作成すれば、 シェルスクリプトの実行をキーボードショートカットにバインドすることもできるらしい。

俺のMacbookがまた新たな段階に突入しそうだ。